BLOG

ブログ

お風呂の効果♪

  • 2007.04.10
  • |
  • 担当:

かねてからお客様に「お風呂に長くつかってくださいね」と

日々声を大にしてお伝えしているのですが、今日はお風呂の効果を

詳しくお伝えしていきたいと思います。

もともと、日本人はお風呂好き。「身を清める」という意味合いもあるそ

では、入浴が体に与える作用とは・・・

?皮膚を清潔にする
?心身の疲労や緊張を除く
?血液やリンパの循環を促進する
?体内の緊張や痛みを和らげる
?神経を落ち着かせる

特に頭をよく使う仕事の方は、脳をリラックスさせる意味でも、お風呂に入って欲しいです。又体力仕事の方も、疲労を軽減する意味でも。
頭の中が疲れたまま寝ると、上質の睡眠もとれない可能性があります。
神経をリラックスさせる・・・といった感じです。

 ☆では、なぜそのような効果があるのでしょうか?

 お風呂には体の汚れを落とすだけでなく、3つの大きな効果があります。

?静水圧効果

水中では水面からの深さに応じて体に静水圧が加わります。このため腹囲が3~5cm、ふくらはぎで1cmくらい縮むほどです。この水圧によって心臓の働きが活発になって血行がよくなります。

?浮力効果

水中では水の浮力によって体重が空気中1/9くらいになるので、腰や膝への負担が小さくなって動きやすくなります。そのため、お風呂での運動は効率的です。

?温熱効果

温かいお湯に浸かると交感神経が働き、新陳代謝を促進し、体に溜まった疲労物質や老廃物の排出を助けます。又、ぬるいお湯に浸かることで副交感神経が働いて精神的に安らいで落ち着いた気分になります。

このような効果があるのです。

お風呂について調べてみるとかなり奥が深そうです。

ちょうど1か月前。お風呂酒という商品の美容コラムを書くことになった

ので、最近はお風呂についてもっと追及してみようという気分です。

今度は目的別のお風呂の入り方について、お伝えしていきたいと思います。

~皆さん、その日の疲れはその日のうちに♪~

PAGETOP