BLOG

ブログ

ドイツ・フランス エステ日記

  • 2010.07.17
  • |
  • 担当:

ドイツ日記②です。
1日目は、フランクフルトのユースホステルに8名で宿泊したあと、
次の日からは、みなさん自由行動。
私と友人は
フランクフルト→バーデンバーデン→ストラスブルグ→フランクフルト
といった感じでわりとゆったり旅
寺尾さん&友人は
→ベルリン→ベルヒデスガーデン
明石さん&タムラさん&友人は
→ベルリン→ミュンヘン→フッセン→ミュンヘン→ベルヒデスガーデンと
いった感じで、かなりの弾丸ツアーでしたね^^
ドイツのエステ事情は、町にはそこまで多くなくで、ホテルの中くらいだったという感じです。
あとは、温浴施設に併設されるスパにはエステもありました。
ところがフランスに入ると街中に小さなサロンがいくつもありました。
今回、エステをぐるぐる回ってきづいたこと
①価格がそこまで高くない。
 一流ホテルのエステは除いて、個人のお店なら1時間5000円位。   大体1時間高くても9000円以 内でボディでもフェイシャルも受ける ことができるサロンが多い。
 もちろん高級なところはあるが、一般的に美容室へ行く感覚の価格帯に
 お店も多いので、通いやすそう。
 
 予算と空間の満足さなど、考慮して選択してもいいかも。
  そう思うと、日本のエステは高すぎる気がします。
 
 なぜ日本でのエステの価格が今のような設定になったのか?
 また海外の価格帯などもっと詳しく調べてみたいです。
②基本的に個室 日本では個室で受けれるサロンが少ない。高級サロンのみと一人で営業しているサロン
 
③都度払いのみ
 海外でローン・クレジットというシステムはほぼない。明瞭会計。
④雑居ビルなど怪しいビルではなく、メインのストリートに立地する。
 

⑤化粧品を扱うセラピスト=エステティシャンは国家資格が必要
 ここは日本とは違いますね。
美容室に通う感覚でエステに通う・
やはり私が聞いてたとおり、エステは日常にあるのだなと実感しました。
クリアももっと追求して世界標準をめざなくてはなりません。
それでは、写真を・・・
①ベルリンのザ・マンダラホテルのスパ→ono spa(明石レポート)
 街中のエステよりは高いものの1時間8000~9000円位。
 アメニティも充実していて、何より贅沢な空間
 マッサージレベルの高








②バーデンバーデンのカラカラテルメのスパ(西山レポート)
 フェイシャルは、タルゴ・エラバシェといった感じで、使用するコスメも いい感じで、スイナ・指圧といったメニューもあり
 連日予約がとれないそう。
 技術レベルの高く、個室もきれいで贅沢な空間。
 
 
 
③フランス(ストラスブルグ)の街中のエステ(ちょっと田舎)
美容室に併設。1時間5000円位。
 フランスの街中でこれが一般的。
 そこまで都会ではない町ですが、エステは多い。
 こういうサロンは、技術レベルが外からみてわからないので、
 現地の情報があるほうがいいかも。
 あとは、使う化粧品によっては肌がぴりぴりするのが、気になる感じ。
 昔ははやってたのかもしれないけど、今は暇そうな感じでした。
 やはり忙しいのが一番期待できるお店なのかもしれません。
  
 
 また別のお店。ここは価格も1時間5000円位できれいで、いまどき
 なエステですね。
 ここも美容室と併設
 
④街中の薬局(ドイツ) オーガニック化粧品がかなり豊富。みんなが知っているのであれば、
 ヴェレダあります。
 薬局というよりは、化粧品やさんみたいで、ハーブティ、精油・
 バスソルトなども
 
 こんな感じでした。
 ただ、今回は、そこまで追及できなかったので、出直しです。
 またみなさんがドイツやフランスに行かれる際にご案内できるよう
 頑張ります。
 さて、次は観光日記に続きます。

PAGETOP