BLOG

ブログ

3/10 短歌イベント 感想

  • 2013.03.10
  • |
  • 担当:

皆さん、こんにちは。泉尾です☆
イベントの感想です(^^)
今回は短歌イベントかわいい
暖かくなってきたかと思いきや、寒の戻りで,肌寒く雨の中お集り頂き,ありがとうございましたラッキー
実は私自身、ほとんど短歌や俳句など歌についての知識はほぼありません汗
とりあえず知ってる知識は、57577のリズムで、31文字の中に自分の感情をや情景を歌にして詠むもの。
イベントの内容は、、、
お客様や友人と一緒に、中之島近辺を散策し、ぶらぶらしながら近代建築や風景を
歌人の、“伯爵”こと、北夙川不可止(きたしゅくがわふかし)さんをお招きして解説して頂き、
皆で歌をよむという感じです。
伯爵の詳しいプロフィールはこちら→☆☆☆猫好きのとぉっても博識で、お話し好きな方楽しい
~まずは大阪市役所からスタート~

実は大江橋は、国の重要文化財なんです!知らなかったなぁ
解説を聞きながら大阪府立中之島図書館へ。 改めて正面から見ると、壮大で迫力満点
びっくり


~中央公会堂の中も皆で見学~
大人の社会見学みたいで、とってもわくわく
階段の壁の一部や、手すりにもちょっとした物語が、隠れていましたぴかぴか


北浜の芝川ビル
昭和2年に建てられた、築80年以上のビル。
中にはカフェや洋服屋さん眼鏡屋さんなど、レトロで可愛い店舗がズラリ!!


日本基督教団浪花教会

散策した後は、クリアにもどってそれぞれ今日感じた事を歌にしていきます。
思い出を振り返りながら、歌にしていきます。


皆さんの歌をちょっと紹介♪
まずは伯爵、、
“四匹の 魔物の守る ビルヂング 戦の後を 微かにとどめて”

北浜の芝川ビルを守る守り神のことです(^^)
気になる方は1度のぞいてみて下さいね。1階のどこかのお店にいますよ♪
こんな個性的な歌を詠んだ方も、
“ビシャビシャの 靴下絞り 風呂入れて 暖房入れて うどん食べたい”

わかる~!!とすぐうなずいちゃいました(笑)
あの雨の中一緒に歩いた方々なら、すごく共感できる内容!!
皆さんが一番いいなぁと感じたのはこの歌
“寒い中 歴史に触れる 散歩道 覚えているのは いきたいお店”
すごく素直な歌、色々な思い出がよみがえりますね~。
この歌も好き
“建物は 時代を映す 鏡のよう 人が作り 年月が育てる”
建物を設計し、作るのは人間だけど、その時々の時代や生きていた人達の思いがあるから、
育ち後世に残されるような気がします。
“平野町 白熱灯の やさしさに 先人の 知恵思いを重ねる”
歌った方の人柄がにじみでるようなあったかぁい歌ですね。
他にも『適塾』『大阪市立愛珠幼稚園』など今も現役で使われている重要文化財がたっくさん
昔はこういう建物は、町内会でお金を集めて、建てたものを市や国に、そのまま寄付していたそう。
だから、地域に住んでいる皆のものとして、いつまでも綺麗に残っていたり、
簡単に売ったり立て替えたりできないんですね~
イベントを終えて、、、
何となく、短歌って高尚な敷居の高いイメージがあったけど、
皆で雨の中、歩き、喋り、歴史をしり、それぞれ思う事、感じる事を
歌にしてみると、それぞれ違う角度だけど、すごくストレートに、自由に、感情表現
できて、とても面白く刺激的でした。友達同士でも気軽に遊べそう。
いつもは何気なく通り過ぎてしまう道やビルも、戦前から残っていたり、貴重な文化財だったり
ほんの少し歴史を知り、物語を知る事で、いつもの通り道も素敵に感じられる、そんなイベントでした。
そして何より伯爵こと、北夙川 不可止さんの
ちょびっと風刺の聞いた、おもしろく、わかりやすい解説があり、身近に短歌を感じることができました。
伯爵、ありがとうございました。
ここで一つ、、
今回のイベントのあといつもとは景色がかわる中之島の夜、、、なーんて( ̄▽ ̄)

PAGETOP