BLOG

ブログ

clearができるまで〜 Vol.1 「独立に至るまで 理不尽なエステ業界」会社時代の私

  • 2015.05.24
  • |
  • 担当:

みなさん こんばんは 今日は日曜日 私のブログの更新の日です♪
毎週日曜日にお届け致しますね。よろしくお願いします!
clearができるまで〜
今日のclearができるまで そして今後のclearについて、綴っていきたいと思います。
vol.1 は「独立に至るまで 理不尽なエステ業界」会社時代の私 がテーマです。
====================================================
私がエステ業界に入ったのは今から17年前onpu03
元々、エステの業界を目指していた訳ではなく、他にしたい事がありました。
でも、それがうまくいかなくて、ふらふらしていた頃、ある求人誌でみつけた、エステの会社にアルバイトでもしようかな?と思って面接に行った事が、きっかけとなりました。
でも、何となく行った面接だったんですが、「エステの仕事の意味」を面接官から、聞いて私は一瞬にして、この仕事を、「やってみたい! 知ってみたい!」 そう思って アルバイトではなく社員として、入社する事に決めました。
世間の方は、エステというと表層の美といったイメージにとりますが、ほんとうの意味ではそうではありませんでした。
面接間の言葉には、
肌は人生を表すもの」 どう生きてきたか?どんな生活をしたか?で肌はその領収書みたいなものだと。
そして、人の人生に関わる仕事と教えられ、私はなんだかとっても特別な、大切な仕事を見つけた気がしました手
きっと潜在的に 人と関わりたい 深く感動する事がしたい! 
そう思っていた所があって、この仕事に本当に出会えてよかったと、今もなおそう思っています。
でも、中学時代の頃の私は ひどいいじめにあって、人とは深く関わりたくない 距離をおいてつきあおう!
そう思っていた事もあって、この仕事に出会って、そんな風に思っていた私を随分と克服しました。
それが一番嬉しい。
「誰かの人生に関われる仕事」
 そして、それを表すのが肌や体なら、それに関わってみたい!
 単純な私は、その面接官に言われた事を信して、この業界に飛び込んだわけですね^^
話は戻って、タイトルにも「理不尽なエステ業界」と書かれてありますが、会社時代に感じた理不尽さについて触れていきたいと思います。
世間のみなさんが、エステを怖い あやしいと思うのは勿論当然 そんな事は沢山ありました。
勿論、働いていた会社の、メニューは内容はとても素晴らしいものばかりでしたが(ここだけは救われました。それもない会社も沢山ですが)、システムは所詮 ローンチケット制です。
目の前に体験しに来ているお客様に 大体30〜50万のパッケージの商品を、2.3時間も喋って、
提案するわけです。
その間は音声つきのビデオで、チェックもされてましたが。。
戸惑いはありましたが、いいものだから、それは仕方がない!最初はそう思っていました。
勿論入会されるお客様は、結果もでていたし、満足もしてくれて、会社を辞める時には、みんなが泣いてくれた。
でも、お客様に言えない 会社の裏側。
業界のシステム 営業会議で話している内容。売る為にどんなアドバイスをされているか?
どう考えても、相手(お客様)の事を考えてない。目の前のお客様をきれいにする事は一番ではない。
それが、ビジネスなんだろうか?? 
また、チケットがなくなる頃には、テンションをあげて、再度追加チケットの購入を誘う。
その繰り返しでした。
どんどん 言葉巧みにうまい言葉がでてくるように なっていた私は、
「これではほんと 私だめになってしまう」 そう感じたとき、気づいたのは、
大切な友達や家族の人に来てもらう事ができない 仕事って どうなんだろう??
そこに気づいた私は、このシステムが変えれないか? 社長と何度も何度も話をしました。
でも、長年エステの業界にいる方には、ローン チケットというのは、常識で、私の話は、所詮キレイゴとだと、
話は終わってしまいました。
ここにも驚きです。世間の大半の方がエステのローン体制に疑問をもっているのに、業界にいる人は、意外に、悪いと思っていない人が沢山いるのが、私としては、ありえなかったです。
そんなこんなで、私は退職をする事を決めました。
私以外にも、そう思って辞める人は続出で、大体3ヶ月から半年もてばいい程の、離職率なんです。
ただ、悪い事ばかりではありませんでした。
最初に面接で言われたような、仕事だとは感じる事ができたし、先輩は上司には、本当に沢山、知識や技術を
教えて頂きました。
理不尽は事は沢山あって、本当によく社長とは喧嘩もしましたが、今も私のやり方でやってる事を、不思議そうにみるものの、何年かに1回は会っています^^
やはり初めてこの業界の入るなら、1年でもいいから、大手やチェーン展開している、いわゆる みんながいくのが
怖いと思うエステで働いた方がいい。
なぜなら、それがまだ今のエステの大半をしめる業態だから。それを知って、その理不尽さと戦って、
その中でもちゃんと お客様を作っていける力を持つ事。
いい事したい! ただそれだけの キレイゴとではやはりうまくいきません。
必死でわけもわからず狂うように働いた時代が、あったからこそ、今のclearを作るヒントがありました。
そこには、ある意味感謝です 笑
この頃、他のエステサロンにも沢山体験にいきました。
どこも同じ どこいっても勧誘 これが日本のエステ業界の形だとしたら、この世界は大丈夫なんだろうか?
日本のエステは、痩身や脱毛など、人のコンプレックスをもとに、なりたっている。
だからこそこのおかしなシステムでも、コンプレックスを気にしている方からすれば、契約してしまう。
何とも恐ろしい。
clearの「都度払いのみ」には、こうした私の経験からきています。
まだ受けていない しかも形に残らない「サービス=施術」に対して、代価を先に前払いするというシステムは、
普通に考えておかしい事。
そして、そんなビジネスが成り立っている事に対して、私はビジネスの根本を見直す 必要があると感じています。
例えば、物(家や車)などを分割で払うのとは意味が違います。先払いシステムは、会社の経営都合です。
あとは、ローンやチケット体制だと、営業力は上がりますが(口はうまくなります)、毎回毎回の接客を大切に
しなくなる傾向があります。なぜなら、信頼関係をきづく事より、買ってくれるかどうかを、見極める事先になるから。
いろんな意味で、スタッフにとってもお客様にとっても、親切ではないこのシステムを、業界として変えたいですね。
その都度ごとに、お客様と向き合う。その上でまた来たい!と思ってもらえるかどうかを、いつも緊張感を持って取り組む事が大。
目の前の売上ではなく、長期的な信頼関係をお客様と築くこと、それが「都度払い」です。
(私は恋愛関係とにてるなあ〜と思ってます)
このシステムがきっと退職する理由の一番になりました。売上が一番 お客様の結果は2番。
ここもそうかな。
そして、私は会社を辞めるとき 私は社長にこう言いました。
「絶対 都度払いで広告なしで成功させてみせる!」その言葉をいって、会社時代を終わりました。
そして、退職後 独立することに。。。 
次回は来週日曜日
「アロマセラピーとの出会い」 自宅サロン開業」に向けて書きますね
宜しくお願いします。
西山 泰代

PAGETOP